ベルブランとリプロスキンは、どちらもニキビ跡を解消することができるスキンケア商品です。両方とも人気商品ですが、配合されている成分は異なりますし、どんなタイプのニキビ跡にどんな風に作用するのかが異なるので、どちらの商品が良いかを選ぶ際には、自分のニキビ跡がどんな種類なのかを理解することが必要です。

 

ベルブランは、美白ケアに重点を置いた美容液で、主に色素沈着型のニキビ跡をスッキリ解消することができます。ただし、肌の内側からどんどん新しい細胞を作り出す効果も期待できるので、凸凹肌のクレータータイプのニキビ跡にも効果が期待できます。一方、リプロスキンは肌質を改善することによってオールマイティにニキビ跡に働きかけてくれる化粧水で、肌を内側からどんどん新しい細胞を作ることによって、ダメージを受けた肌細胞を排出して肌質を根本形な部分から改善することができます。ニキビ染みもクレーターもダメージを受けている細胞という点では変わりませんので、新しい肌細胞をどんどん作り出すことによってダメージ細胞を排出することができるリプロスキンは、肌自身が持っている美肌力をフル活用するためのサポートをしてくれるスキンケア商品と言えるでしょう。

 

一般的に、クレータータイプのニキビ跡は、改善するのに時間がかかると言われています。それは、クレーターのダメージは肌の深い部分にできているため、自然の美肌力で改善するためには色素沈着タイプのニキビ染みと比べると時間がかかってしまうためです。このクレータータイプのニキビ跡を早急に治療したい場合には、できるだけ肌のターンオーバーを正常な状態に戻してあげることが得策で、スキンケアではリプロスキンとベルブランの併用などがおすすめです。

 

まず、リプロスキンを使うことによって肌表面の角質層が柔らかくなると同時に、ナノ化された有効成分がぐんぐん肌に浸透していきます。その次にベルブランを使ってあげると、有効成分が周囲の美肌成分も引っ張りながら肌の奥に入っていくので、肌の奥深い場所からたっぷりと水分補給及び栄養補給ができます。肌のターンオーバーが正常な状態に改善できれば、ニキビ跡ができてしまっても短期間でスッキリ目立たなくすることができるのではないでしょうか。

 

ニキビ跡専用化粧水ベルブランのさらなる詳細はこちら