ニキビ跡ができてしまうと、できているニキビを治療するよりもずっと長い時間がかかってしまいます。色素沈着タイプのニキビ跡は、肌の内側までニキビの炎症が進み、肌にダメージを与えたことによってメラニン色素が作られてしまうという症状ですし、クレータータイプのニキビ跡は、ニキビの炎症が真皮層まで達することによって、その部分で新しい肌細胞が作られにくくなってしまうことにより、肌の表面が凹凸になってしまうという症状です。ニキビ跡ができてしまうと、どんな薬を使っても一朝一夕で解消することは難しくなってしまいます。ニキビ跡の中でも色素沈着タイプなら、美白作用が高い成分が入っている薬を使うことで、少しずつ色味を目立たなくすることは可能ですが、クレータータイプのニキビ跡になると、真皮層がダメージを受けているため、薬を使っても肌自身が持つ再生能力によって自然治癒するのを待つしか方法はありません。そのため、ニキビ跡の中でもクレータータイプは治療に気が遠くなるような時間がかかってしまい、早くても数か月間、長ければ数年間という時間がかかるのです。

 

ベルブランは、薬ではなくスキンケア商品ですが、毎日のお手入れで使うことによって、肌細胞が内側からどんどん新しく作られやすい肌質を手に入れることができます。ベルブランはブースタータイプの美容液なので、使うのは洗顔後直後のすっぴん肌が理想的で、ベルブランを使うことによって、その後に使う化粧水や美容液、そして乳液などの有効成分が肌の内側にグンと浸透しやすくなるというメリットがあるのです。

 

薬でニキビ跡を直す場合、肌の表面をピーリングすることによって内側から新しい肌細胞を作ろうというメカニズムが多いのですが、乾燥肌の場合だと、ピーリングすることによって肌がさらに乾燥し、トラブルが悪化したり更なるニキビができてしまうことがあります。しかしベルブランなら、ピーリングするのではなくバリア機能を強化することで治療ができるので、乾燥肌の人にとってはぜひおすすめですよ。

 

ニキビ跡専用化粧水ベルブランのさらなる詳細はこちら